自己破産の弁護士費用・手続き・その後の人生…なんでも解決!Q&Aサイト

自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

自己破産の費用などの疑問はコチラで解決! » 自己破産の費用についてのQ&A » 自己破産の弁護士費用は無料にならないの?

自己破産の弁護士費用は無料にならないの?

自己破産には弁護士費用がかかる

自己破産をしたくても費用が用意できずに困ってしまったという話を聞くことがあります。一般的に自己破産の費用といえば、裁判所に対して支払う費用とは別に弁護士費用が必要です。

手続きを依頼するための弁護士費用

弁護士費用が無料になればいうことはないのですが、そんなことは可能なのでしょうか。自己破産の手続きは、建前上は本人ができるものです。実際に本人がすべての書類を用意して裁判所に出向いて手続きを行うケースもあります。とはいえ、書類が揃っていればよいというものではなく、書いてある中身も重要になってくるのが自己破産です。経験のない本人が手続きをしようとするとミスが多発し、時間も手間もかかってしまいます。

そのため、裁判所の側でも本人手続きを歓迎しているとはいえない状況です。むしろ、弁護士が代理する手続きを簡略化しているケースがあります。したがって、代理での手続きを依頼する弁護士費用は事実上避けて通れないものです。

また、弁護士が受任通知を発することで債権者からの催告が止まるメリットもあります。

弁護士費用は一定ではない

弁護士費用は破産事件の内容によっても異なります。弁護士費用が少なく済むのは同時廃止事件です。財産と呼べるものがなく手続きを早期に終了させる仕組みをいいます。逆に、財産の処分が必要な管財事件となると弁護士費用が増えるだけでなく、管財人の費用まで発生します。

弁護士費用を抑える方法

自己破産を申し立てるときは、ただでさえお金がない状態で弁護士費用を抑えたいところです。本来であればすべてを弁護士に任せたいところですが、どうしても費用を抑えるしかないという場合は、以下の方法を検討します。

  • 弁護士に相談する

弁護士に依頼する中で、どこか節約できる部分がないかをストレートに相談してみます。費用そのものの減額は無理でも、分割払いに対応している弁護士は多数です。

  • 法テラスに相談する

条件が合致していれば法テラスの弁護士費用建て替え制度を利用できます。建て替えてもらった費用は法テラスに分割払いすればOKです。条件とは、収入・資産が一定以下であることと、免責を得られる見込みがあること、民事法律扶助の趣旨に適していることとなっています。

注意したいのは収入条件です。低収入やリストラなどが切欠で破産に至った場合はともかく、一般サラリーマンでそれなりの収入がある場合は該当しない可能性があります。単身者の手取月収基準額は18万2,000円以下です。単身者の資産は不動産や有価証券、現金に預貯金を合わせて180万円ですが、自己破産に至る状況ではそれほどの資産はないケースがほとんどだといえるでしょう。

自己破産を申し立てるには弁護士費用が必須

結論として弁護士費用は無料にはなりません。しかし、お金がなくても自己破産の手続きを進める方法はあります。分割払いや法テラスの利用です。まずは、無料法律相談を利用してみましょう。

自己破産に強い弁護士のいる法律事務所に相談するなら

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
 
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト