自己破産の弁護士費用・手続き・その後の人生…なんでも解決!Q&Aサイト

自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

自己破産は何回までできるの?

自己破産を1度しても、再び借金をして負債ができると、また何回も自己破産が必要になってしまいます。

自己破産は何度も行えるものなのでしょうか?
2回目以上の自己破産は可能なのか、条件はあるのか、自己破産が何回までできるのかを調べてみました。

自己破産は何回までできるの?

法律では自己破産に回数は設けられていません。
つまり、ひとり何回でも行えるということになります。

そもそも自己破産とは、経済的に借金の返済が不能と判断された場合の救済措置。
そのため回数の制限なく申請可能となっています。

しかし、だからと言って同じ人が何度も何度も自己破産を繰り返すのは困りもの。

そのため、自己破産は2回3回と繰り返すほど、申請できる条件は厳しくなっていきます。

条件次第では2回目3回目が必ずしも可能というわけではないので、なるべく自己破産はしないよう、借金返済は計画的に行っていきましょう。

自己破産を2回以上行う場合の条件

自己破産と聞いて、多くの方が「借金を返済できない場合の最後の切り札」と、そんなイメージを持っているのではないでしょうか。

ですから、一生のうちに何度も自己破産できるとは思っていない方も多いと思います。

しかし中には、やむにやまれぬ事情で、自己破産を2回以上行う方も実際にはいます。

例えば、1度目は事業の失敗やギャンブルによる借金がかさんだためで、2度目の自己破産は家族が思いがけない病気や事故に遭い多額の医療費が必要となって……というケースあります。

が、しかし、お金を貸した金融業者からしてみれば、借金の返済をゼロにされる自己破産をそう何度も繰り返されては経営が成り立たなくなってしまいます。

また、自己破産を計画的に繰り返し、多額な借金から逃れ続けるといった悪質なケースもないとは言い切れません。

裁判所もこうした点を考慮して、2回以降の自己破産については次のような条件を提示しています。

2回目の自己破産の条件①1回目の自己破産から7年が経過していること

2回目の自己破産を行う場合には、1回目の自己破産から7年が経過していなくてはなりません。

ただし、事故や病気などの医療費、もしくは養育費を捻出する必要があるときは事情が違ってきます。

こうした理由によっては、7年以内に2回目の自己破産を行っても認められやすくなります。

2回目の自己破産の条件②異なる理由、同情の余地がある場合

自己破産も2回目以降となると、その理由や内容などには厳しい条件がつきます。

例えばギャンブルなどで散財し自己破産に至った場合など特に、1度目と同じ理由で申請を行っても認められる可能性は低くなります。

ただし、何らかの同情の余地がある場合はまた話が違ってきます。

シングルマザーやシングルファーザーが養育費のために借金をし、返却できなくなってしまった場合。

借金の連帯保証人になってしまったため、2回目の自己破産を行う場合などです。

厳しいチェックが入る分、2回目以降の自己破産では、破産管財人と呼ばれる裁判所の選任した弁護士が、破産を認めても問題ないかどうか「免責調査」を行うこともあります。

この破産管財人が登場すると、自己破産の費用も高くなることを覚えておきましょう

まとめ

自己破産は救済措置であるために、何回までという制限は特に設けられていません。

しかし、2回以上の自己破産となると、提示される条件はかなり厳しいものとなります。

そもそも気軽に行えるものではないので、仮に2度目の自己破産を考えている場合には、その理由を含めて事前に充分考慮する必要があります。

もしも、それでも自己破産しなければ生活が成り立たないようなときには、弁護士にしっかりと相談し、どうすべきかを話し合っていきましょう。

相談費用や自分の財産について
自己破産に強い弁護士のいる法律事務所にまず相談

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
 
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト