自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

任意整理や個人再生とはどう違う?

A.困窮の度合いによって選ばれるものが違う

そもそも借金というものは、ひとつとして全く同じ内容ということはありません。100人いれば、100通りのお悩みがあるはずです。

自己破産・任意整理・個人再生は、同じ借金整理の方法ですが、困窮の度合いによる選択の違いがあります。

どれを選ぶべき?

では、どのようにして選べばいいのでしょうか?

注目してもらいたいのは、申立要件と整理の目的です。この違いによって、どの方法を選ぶのが一番良いか判断してください。

  • 任意整理
    話し合いにより借金を整理する方法。申立要件は特になく、手続きが完了すると利息制限法+将来利息カットとなります。比較的借金の総額が少ない場合に行ないます。
  • 個人再生
    申立要件は支払不能のおそれがある場合に選ばれ、手続きが完了すると5分の1以上の弁済となります。住宅を差し押さえられるなどはありません。
  • 自己破産
    申立要件は支払不能の場合、手続きが完了すると支払義務が免除されます。「差押え禁止財産」以外の財産は失うことになります。

それぞれのメリット・デメリットは?

自己破産・任意整理・個人再生それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

任意整理

メリット

  • 原則として手続き完了後の将来利息が免除され、完済も早まる。
  • 利息制限法の計算により、債務総額が減少する。過払い金が発生している場合には返済が期待できる。
  • 自由度が高く、一部の債権者だけ整理するといったことも可能。

デメリット

  • いわゆる「ブラックリスト」入りし、約5年間、借入できなくなる。
  • 自己破産や個人再生と比べ、債務を減額できる幅は狭くなりがち。
  • 近年、任意整理手続きに応じない金融業者が増えている傾向がある。

個人再生

メリット

  • 債務が原則5分の1に減額されるため、返済の負担が大きく軽減。
  • 一定の条件を満たせば住宅や車などの財産を手放さずに手続きできる。
  • 手続き開始後、債権者は給料差し押さえなどの強制執行はできなくなる。

デメリット

  • いわゆる「ブラックリスト」入りし、約5年~10年間、借入できなくなる。
  • 自己破産とは異なり、返済を継続できる一定以上の収入がないと手続きができない。
  • 住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載される。
  • 債務整理の中でも、最も手続きが煩雑で難しい。

自己破産

メリット

  • 全ての債務の支払い義務が免除される。
  • 手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくなる。
  • ある程度の財産は、手元に残すことができる。

デメリット

  • 今後約5~10年間、借入ができなくなる。(いわゆる「ブラックリスト」入り)
  • 住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載される。
  • 免責決定を受けるまで、警備員や士業など一部就けない職業がある。

自己破産に強い弁護士のいる法律事務所に
費用や手続きについて相談する

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト