自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

HOME/ 自己破産の手続きについてのQ&A

自己破産の手続きについてのQ&A

予め知っておきたい、自己破産の手続き

自己破産を行うにあたり、破産者が予め知っておきたい手続きの方法についての疑問をまとめました。

まず、自己破産をするにはどうするの?

自己破産をするには、まず、申立書類を作成し、裁判所へ提出する必要があります。

分量も多く、法的な知識も必要な箇所があるので、自分ひとりでやるにはとても大変です。

とはいえ、この書類作成は自己破産手続きのなかでも特に重要な項目です。

>>自己破産をするには一体なにからすればいい?書類はどんなものがある?

免責にならない場合はある?

借金に苦しむ方のための救済措置である自己破産ですが、実はすべてのケースで借金が免責されるという訳ではありません。

言ってしまえば、反社会的、反道義的、自分勝手な理由などで発生した借金については免除されないという規定が、破産法という法律の252条1項によって明記されているからなのです。

これを、専門用語で「免責不許可事由」といいます。

>>自己破産の免責不許可事由とは?具体的にどんな場合?

自己破産には種類があるの?

ひと口に自己破産といっても、実はその手続きには大きく分けて2つの種類があります。同時廃止と管財事件というものです。

そして近年では、これらの中間に相当する少額管財という手続きを実施する裁判所も増えてきました。これらの手続きにはどのような違いや特徴があるのでしょうか。

>>自己破産の種類ごとにどんな違いがある?

費用はどれくらい?

自己破産の手続きに必要な費用には大きく分けると、裁判所に納める費用と、弁護士や司法書士に手続きを依頼する費用があります。

前者は必ず必要なもので、後者はご自分で行えば不要となります。

ただでさえ金銭的に困窮している中で、こうした費用を少しでも抑えたいというのが本音だと思いますが、トータルにかかる費用という観点から見ると、弁護士に依頼する方が、低く抑えられる可能性が高いのです。

>>手続きごとの自己破産の費用相場はどれぐらい?

弁護士と司法書士はどっちがいい?

自己破産を裁判所に申請する場合、破産者がすべてを自ら行うことは避けた方が賢明です。不慣れな作業は時間がかかるばかりだけでなく、記載ミス・漏れから免責がおりない場合さえ招きます。

すると結果的に裁判所に支払う費用が高くついたり、期間が1年以上もかかって借金が増えてしまったりと、弁護士や司法書士に依頼する以上に費用がかかってくるのです。

そこで専門家へのサポート依頼となるわけですが、自己破産手続きにおいては、弁護士はもちろん、もうひとつ司法書士への依頼という選択肢も出てきます。

では、司法書士と弁護士の違いを具体的に解説していきます。

>>弁護士と司法書士の違いって?自己破産手続きを依頼するならどっち?

任意整理や個人再生とはどう違う?

そもそも借金というものは、ひとつとして全く同じ内容ということはありません。100人いれば、100通りのお悩みがあるはずです。

自己破産というやり方は、免責になればすべての債務が免除されますが、20万円以下の預貯金など、生活に最低限必要な金品以外の財産はすべて手放さなければならないというデメリットもあります。

例えば、借金は軽減したいが自宅はなんとか残したいといった場合には、自己破産は不向きと言えるでしょう。そんなとき、任意整理や個人再生といった選択肢もあります。

>>任意整理、個人整理って?自己破産との違いとは?

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト