自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

自己破産後は携帯電話は利用出来るの?

A.利用可能ではあるものの様々な注意点もある

現代において、携帯電話は知り合いと連絡を取るだけのツールではありません。最新の情報を調べたり、様々な場面で役に立ちます。自己破産したからといって、携帯電話を取り上げられると困りますよね。

自己破産すると資産が処分されることにはなりますが、携帯電話は処分されない生活必需品に該当します。しかし現在の契約状況がどのようになっているかによって、扱いは異なるので注意しましょう。

携帯本体代金未払について

まず本体代金について。近年はかなり高価な携帯電話機器も登場していますが、本体代金を完済している場合は心配いりません。自己破産したとしても、問題なく手元に携帯電話は残せます。

しかし分割で支払っている方もいるでしょう。現在の分割払いで支払いを行っているということは、残債があります。自己破産では残債がすべてなくなることもあり、携帯電話本体代金の未払分もなくなります。

残りの代金を支払わなくて良いんだ!と思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

自己破産で残債の支払いが免除になったら、情報はすぐに携帯電話の事業者に伝わります。使用できない状態になって、ブラックリスト扱いになるのです。

携帯電話がなくなると困る方は、自己破産の手続きをお願いする弁護士に相談してみましょう。

携帯電話の料金を滞納していた場合は?

本体代金の支払いは終わっているものの、自己破産を検討している時点で利用料金に未払いがあり、滞納している方もいることでしょう。この状態で自己破産をした場合、一時的に利用できない状態になります。

しかし自己破産が成立して免責がおりたら、滞納分の通信料を支払うことによって再度利用可能です。

注意しなければならないのは、自己破産後に携帯電話が使えなくなると困るから、まとめて滞納分を支払おうと考えるのは、やめておくべきです。というのも携帯電話が止まるのを避けるため、滞納していた料金を自己破産前にまとめて払ったりすれば、すべての債権者を平等に扱っていないと判断されます。

結局、免責不許可で自己破産が認められなくなるリスクがあるのです。注意が必要です。

携帯電話の新規契約はできる?

一括で携帯電話代金を支払えるのであれば、全く問題ありません。しかしブラックリストに載っていることになるので、分割で支払いをする購入方法は難しくなります。

各携帯電話業者で情報は共有されているので、自己破産前に選択していたのと別の業者であったとしても扱いは同じです。だいたい5年から10年ほど経たなければ、分割の購入は難しいといえます。しかし実際には、CMなどを見てもわかるように、現在多くのキャリアが熾烈な競争を行っていて、人でも多くの顧客を獲得しようと画策しています。

そのため自己破産していたとしても、確実に料金を支払ってくれると判断された場合、分割での購入を認めてもらえる可能性もあります。まずは直接、会社に相談しましょう。

機種変更はできる?

機種変更の場合も新規契約と同様です。機種代金を一括で支払える場合は何の問題もありません。ただ自己破産前に機種代金が残ったままだとブラックリスト扱いになり、機種変更できるどころか携帯電話さえ使えない状態になってしまいます。

その後の生活について不安なら…
自己破産に強い弁護士のいる法律事務所に相談してみる

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト