自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

生命保険はどうなるの?

A.20万円以上の「解約返戻金」がある場合、財産とみなされる

自己破産を行う際、20万円相当以上と判断された財産についてはすべて手放し、債権者に分配されるのがルールです。生命保険も例外ではありません。ただし、重要なのは加入している生命保険が財産にあたるかどうか。例えば掛け捨てタイプの場合、解約の必要はありません。

一方、積立タイプで解約返戻金が20万円以上の場合は財産とみなされ、解約し債権者へ分配すべきものと見なされます。しかし生命保険は単なる財産ではなく、一度解約すると再加入が不可あるいは不利になったりすることもありえます。

そのため、できるなら解約せずに済ませたい方も多いことでしょう。そんな場合には次のような方法を実践してみてはいかがでしょうか。

解約をしたくない場合の対策は?

  • 担保貸付制度の利用

返戻金を20万円以下にしてしまうという方法です。生命保険のタイプや内容にもよりますが、多くの場合、解約返戻金を担保に生命保険会社から借入をすることができます。この担保貸付制度を利用し、例えば45万円の解約返戻金があるなら30万円を借りて、解約返戻金を15万円にしてしまうのです。

ただ注意したいのは、自己破産の手続きは大きなお金の流れがあった場合、使途を説明しなければなりません。弁護士費用などに使うのがもっとも賢明ではないでしょうか。

  • 介入権制度の利用

2010年に保険法の改正によって生まれた、介入権制度を利用する方法です。この制度は保険加入者が自己破産を行う場合、生命保険金の受取人を保護するのが目的。本来であれば債権者に分配されてしまう解約返戻金を破産者以外の親族が負担し、保険自体を解約しなくてもよいというものです。

ただし、解約返戻金と同額のお金を親や親戚の方に用意してもらえるかどうか。用意が可能ならば、生命保険を解約せずに自己破産が行える画期的な方法ではないでしょうか。

その後の生活について不安なら…
自己破産に強い弁護士のいる法律事務所に相談してみる

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト