自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

自己破産後各種カードは発行出来るの?

自己破産を行った後は、お金の使い方について一度しっかりと考え直す必要があります。特に、お金が足りなくなったらクレジットカードに頼っていた方も多いはず。このような癖がついている方は、お金の使い方について振り返ってみてくださいね。

自己破産した後もカードは発行可能?

結論から言ってしまうと、ほぼ100%に近い確率で不可能です。というのもクレジットカードをつくる際には、審査が行われます。ここでその人が本当に滞りなく返済できる人かどうかを判断し、返済可能と認められた場合にのみ、審査が通るのです。

さまざまな項目が審査されるのですが、クレジットカード会社が参考にしている情報の中に「個人信用情報機関」が管理されている情報が含まれています。

自己破産した場合、事故情報として債務整理したことは記録されてしまうのです。

どのクレジットカード発行会社も必ず、個人信用情報機関の情報を閲覧したうえで審査を行っています。事故情報が登録されている間は「お金を貸しても返してくれない人」と判断されてしまうので、新規のカードをつくることができません。

ただ一生作れないわけではなく、個人信用情報機関の事故情報が削除されればつくれるようになります。一般的に自己破産の場合は7年から10年ほど情報が掲載されるので、それ以降であれば大丈夫でしょう。

とにかく、自己破産をしたあとはお金がなくなったとしてもカードに頼ることはできません。

発行できるクレジットカード会社は危険?

街角の電柱に貼られているような広告で「審査なしでカード発行可能」といったものを見かけたことは、ありませんか。自己破産後でもつくれると思うかもしれませんが、そもそも審査なしでお金を貸すとことは債権者側にとって危険が高いものです。

それでも貸してくれるのは親切だからではありません。何としてでもお金を回収する手段を持っているからです。つまりヤミ金と呼ばれるところをいいます。

実際、自己破産後に通常のクレジットカードがつくれない状態になり、行き詰まってヤミ金に手を出す方は少なくありません。

しかし、これは絶対にやめましょう。

仮にヤミ金から借りてしまって、やりくりができないような状態になったとしても、自己破産は前回の破産から7年以上経っていなければ申請できません。そもそもヤミ金からの借金が原因で首が回らなくなった場合、免責不許可事由に該当します。そのため自己破産自体が認められない可能性があるのです。

それでもクレジットカードがないと困ることもあります。そういった場合には、デビットカードを利用するのも一つの方法です。デビットカードとは、通常後払いになるクレジットカードとは違って、即座に銀行口座から現金が引き落とされるシステムです。

デビットカードなら自己破産後でも使用できるので、クレジットカードでしか支払いができないようなものを購入する際には、特に役立ちます。

その後の生活について不安なら…
自己破産に強い弁護士のいる法律事務所に相談してみる

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト