自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

HOME/ 自己破産後の生活についてのQ&A

自己破産後の生活についてのQ&A

自己破産後の生活に関するあれこれ

自己破産後の生活に関する、家族や家、保険などの各種の質問に対しての解答を、取りまとめて紹介していきたいと思います。

会社や知り合いにばれない?

自己破産をすると、周囲の人にばれるという可能性は、ゼロとは言い切れませんが、限りなく低いと言えます。

また自己破産したことに伴い、課せられる各種の制約によって不審に思われる可能性はありますが、それらも上手く対策しておけば、ばれるリスクは大きく回避できるのです。

>>自己破産は、ばれるモノ?対策にはどんな方法がある?

家族はどうなる?

自己破産手続きを考えてはいるものの、躊躇っているという方の中には、自分が自己破産をすることで家族にどんな影響があるのかを心配しているという方も多いことでしょう。

端的に言ってしまえば、直接的な影響はありませんが、間接的な影響はある場合も考えられるということになります。

>>自己破産が家族に与える影響って?

車や持ち家は?

自己破産手続きを行うには、車や家といった財産は、20万円相当以下と判断されない限り、手放さなくてはなりません。とは言え、愛着あるものをなんとか残したいと思うのは当然です。

そこで、ある種の裏技的やり方ですが、車や家を残す方法を考えてみましょう。

>>車や持ち家はどうなるの?自己破産後も残したい場合はどうすれば良い?

資格はなくならない?

自己破産の手続きを行うとなくなってしまう資格というものはありませんが、一定期間、効力が制限されてしまう資格はあります。

ただし、その期間は概ね数ヶ月程度、長くても1年程度です。

>>自己破産で制限される資格とは?

生命保険はどうなるの?

自己破産を行う際は、20万円相当以上と判断された財産についてはすべて手放し、債権者に分配されるというのがルールです。生命保険も例外ではありません。

ただし、重要なのは加入している生命保険が財産にあたるかどうかです。例えば、掛け捨てタイプである場合は、解約の必要はありません。

一方、積立タイプで解約返戻金が20万円以上という場合には話が違ってくるのです。

>>積立タイプの生命保険は自己破産で手放すことになる?