自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

自己破産の費用などの疑問はコチラで解決!/ 自己破産後の生活についてのQ&A

自己破産後の生活についてのQ&A

自己破産後の生活
自己破産後の人生に関するあれこれ

自己破産後の人生や生活について、家族や保険、生命保険はどうなるかといった項目について、まとめて紹介していきます。

自己破産をすれば、借金の法的な支払い義務が免除されます。たとえ何百万または何千万と借金があっても、裁判所に自己破産さえ認められれば返済する必要はありません。借金問題で悩んでいる人にとって、最後に行き着く手続きが自己破産。任意整理や個人再生といった、数ある債務整理手続きの中でも最終手段といえます。

だから「相当なデメリットを負う?」「借金がなくなるかわりに、将来の生活を犠牲にしなければならない?」といった不安を抱く人が多くいることでしょう。そうした不安を払しょくできないで自己破産の手続きに踏み出せないまま、無理な借金返済をし続けて、身を滅ぼしてしまう人までいるのです。

自己破産後の生活について知っておこう

では、こういった不安はどうやって解消すればいいのでしょうか。まず、自己破産後の生活がどうなるのかについて、詳しく知っておくことが大事です。自己破産するとどうなるのか見当がつかないから、心配になってしまうのです。

そこで自己破産後の生活について、具体的に解説していきます。とくに職場や就職への影響といった仕事面や、再度の借入が可能なのかどうか、また家族への影響はどうかといった私生活面、自己破産することで何が変わってしまうのか、いつかは回復できるのかなどについて詳しく記載していきます。

自己破産後も大事だけど…
法律事務所選びは慎重に

ところで、最近では法律事務所が業務停止になる問題が、世間を騒がせました。件の法律事務所に相談をしたのに「電話がつながらない…」「この先どうすれば…」と困り果てている人が多くいると聞きます。自己破産をはじめ債務整理の相談をしたのにこれでは、どうしようもないことですね。

法律事務所選び、特に自己破産に強い弁護士のいる事務所を選ぶにも細心の注意が必要ですよ。とくに自己破産は債務整理のなかでもハードルの高い手段。慎重になってしかるべきです。

会社や知り合いにばれない?

自己破産をすると、周囲の人にばれるという可能性は、ゼロとは言い切れませんが、限りなく低いと言えます。

また自己破産したことに伴い、課せられる各種の制約によって不審に思われる可能性はありますが、それらも上手く対策しておけば、ばれるリスクは大きく回避できるのです。

自己破産はバレるもの?対策にはどんな方法がある?

家族はどうなる?

自己破産手続きを考えてはいるものの、躊躇っているという方の中には、自分が自己破産をすることで家族にどんな影響があるのかを心配しているという方も多いことでしょう。

端的に言ってしまえば、直接的な影響はありませんが、間接的な影響はある場合も考えられるということになります。

自己破産が家族に与える影響って?

車や持ち家は?

自己破産手続きを行うには、車や家といった財産は、20万円相当以下と判断されない限り、手放さなくてはなりません。とは言え、愛着あるものをなんとか残したいと思うのは当然です。

そこで、ある種の裏技的やり方ですが、車や家を残す方法を考えてみましょう。

車や持ち家はどうなるの?自己破産後も残したい場合はどうすれば良い?

資格はなくならない?

自己破産の手続きを行うとなくなってしまう資格というものはありませんが、一定期間、効力が制限されてしまう資格はあります。

ただし、その期間は概ね数ヶ月程度、長くても1年程度です。

自己破産で制限される資格とは?

生命保険はどうなるの?

自己破産を行う際は、20万円相当以上と判断された財産についてはすべて手放し、債権者に分配されるというのがルールです。生命保険も例外ではありません。

ただし、重要なのは加入している生命保険が財産にあたるかどうかです。例えば、掛け捨てタイプである場合は、解約の必要はありません。

一方、積立タイプで解約返戻金が20万円以上という場合には話が違ってくるのです。

積立タイプの生命保険は自己破産で手放すことになる?

自己破産を行うメリット・デメリットとは?

自己破産というとデメリットばかりが目立つ方法ではありますが、メリットもあります。借金の返済が難しくなってしまった場合の最終的な手段として取り入れられる自己破産のメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

自己破産を行うメリット・デメリットとは?

自己破産後できなくなることとは?

自己破産というと、財産をすべて失い、全く何もないような状態からスタートするイメージがありますよね。自己破産は本当に最終的な手段として考えている方も多いのですが、具体的に自己破産後にできなくなることについて詳しくみていきましょう。

自己破産後できなくなることとは?

自己破産後は携帯電話は利用出来るの?

現在において必需品ともいえる携帯電話。すでに機種代金を払い終えていて滞納もない場合は何も問題なく使い続けることができます。しかし、機種代金が残っていたり、滞納をしている場合は自己破産により未払分が免除になる代わりに携帯電話が使えない状態になってしまうのです。

では、自己破産直前に何とかしてお金をかき集めて機種代金や滞納分を支払えば良いのか?というと、この選択肢は危険な場合も…。

具体的に、自己破産をした後の携帯電話の扱いはどのようになっているのかについて詳しくご紹介します。 注意しなければならないこととして、自己破産後に携帯電話が使えなくなると困るからまとめて滞納分を支払おうと考えるのはやめておいた方が良いでしょう。

というのも、携帯電話が止まるのを避けるために滞納していた料金を自己破産前にまとめて払ったりするとすべての債権者を平等に扱っていないと判断され、免責不許可で自己破産が認められなくなるリスクがあります。

自己破産後は携帯電話は利用出来るの?

自己破産後各種カードは発行できるの?

クレジットカードといえば非常に便利なアイテムではありますが、クレジットカードを使いすぎたことによって借金に悩まされる結果になってしまう方も…。

残念ながら自己破産をした後はしばらくの間はブラックリストに掲載されるため、新規にクレジットカードを作ることはできません。ただ、クレジットカード払いしかできないものもありますよね。そこで、自己破産後のクレジットカードについて注意しておきたいことや対策についてご紹介しましょう。

自己破産後各種カードは発行できるの?

自己破産後なれない職業ってある?

自己破産をしたからといって通常であれば職場をクビになるようなことはありません。ですが、職業によっては資格制限の影響を受け、一時的に働けない状態になってしまうものもあるのです。

具体的にどういった職業が影響を受けるのかについてご紹介しましょう。また、資格制限・職業制限を受けるのは一定期間となっているため、一生続くわけではありません。どのタイミングから制限の対象になるのか、いつ問題なくなるのかなどについてもご紹介します。

自己破産後なれない職業ってある?

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト