自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

HOME/ 自己破産の体験談集/ 投資で失敗…

投資で失敗…

投資で失敗…ついには自己破産に至ったB子さんの体験談を紹介します。

FX投資で借金地獄…自己破産へ

FXを始めたきっかけは、ある日突然辞めた職場の先輩と久しぶりに会った際、FXで成功している話を聞き、私にもできるかも?と思ったことからです。

まず、先輩からの勧めで現物の株式投資から始めました。当時、私は会社の自己資金を株式投資する部署にいたので、当然の選択だったのかもしれません。自信もありました。

その後先輩からのアドバイスもあって、月に40~50万円は稼ぐようになりました。

株でお金が増えていきたのに合わせて、すべての株を売り、信用取引を始めることにしました。しかし、信用取引ではまったくうまくいかず、盛り返そうと思って先輩と同様FXを始めたのです。

損切りできずにFXで一発逆転を…

当時の全財産300万円を投資して、20倍のレバレッジをかけました。少しずつ儲かるようになってきたところで、もっと儲かる!と思い、100倍のレバレッジをかけることに。大損したことでより高いリスクで売買を行うようになっていったんだと思います。

しかし、あるとき急激な円高がやってきて、私が買っていた外国通貨の価値が暴落してしまいました。一点集中で投資していた私の全財産は一気に吹き飛んでしまったのです。

この時点で、もうやめておけばよかったのですが、私はまた投資で取り返そうと、消費者金融からの借金で投資を続けました。

借金を返すための投資をする。投資をするために借金をする。このスパイラルでどんどん借金は膨らんでいき、気づいたときには500万円以上もの借金が手元に残っていました。

その後、投資をしていたことが会社にバレ、辞職せざるを得ない状況に立たされることに。もう、どん底に突き落とされたような気分でした。もちろん、借金を返すアテもなく、ついに観念しました。

自己破産を決意…弁護士へ相談

もうどうにもならないと、わらにもすがる思いで弁護士事務所に相談したところ、自己破産の免責を認めてもらえるようにバックアップしてくれると言われました。

申立書類の提出からサポートしてもらい、裁判官との面接では付き添ってもらいました。裁判官には、「単なる射幸心ではなく、失った自己資金を取り返そうとした点に酌量の余地がある」と判断され、無事、免責も認められました。

法律では「株や先物投資の為にした借金」は免責不許可事由(免責が認められない自由)にあたるため、FXで借金をした私はふつうであれば免責が受けられません。しかし、弁護士のバックアップがあったおかげで、裁判所の判断で「裁量免責」を与えてもらい、なんとか借金から解放されたのです。

債権者側との交渉から裁判所での手続きなど、何から何まで弁護士にしてもらえたので、当時精神的にも疲弊しきっていた私は、本当に救われました。

もっと早く相談していれば、自己破産ではなく、個人再生といった別の手段も考えられたそうです。

もし同じような状況に立たされている人がいるのであれば、一日でも早く弁護士に相談へ出向き、どんな解決策があるのかを見出してほしいと思います。

私はいまでは人生の再起をかけて、フリーターをしながら、再び正社員として働けるよう日々求職活動に励んでいます。

>>相談するだけで状況は好転!自己破産の依頼で信頼できる法律事務所リストはこちら