自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

自己破産時の費用返済も相談可能な法テラス

支払いと返済方法に関して

自己破産手続き後の費用の返済方法とは

法テラスに建て替えてもらった費用は、支払いの約2ヵ月後から返済を開始します。

費用の返済方法は、郵便局からの自動引落になります。もし郵便局の口座を持っていないのであれば、早めに口座を作っておく必要があるということを頭の片隅に入れておきましょう。

債務整理の最中でも、銀行や郵便局の口座を開くことができます。ですから、郵便局の口座を持っていなくても心配はいりません。

ちなみに、法テラスへ返済するお金には利息がつきませんので、余裕を持って返済していくことができます。

生活保護受給者の場合に限り費用が免除される

生活保護受給者でも、自己破産をすることがあります。弁護士に依頼をした際に、個人再生や任意整理、自己破産などその人に合った方法を考えてくれます。

しかし、よほど生活が苦しければ多くの場合は、自己破産という選択をすることになるでしょう。もし自己破産を決意したとしても、費用がどの程度かかるのか心配になります。

生活保護受給者であれば、立替金を免除してもらえることがあります。生活保護受給者は、仕事をして生計を立てることが困難であるため、支払いが困難と判断され免除されることが多いです。

法テラスへの支払いが滞ってしまうとどうなる?

法テラスへの支払いが滞ってしまうと、法テラスから電話や通知書がくるようになります。これを無視して支払いをしないでいる場合は、裁判による法的手段を用いることがあるので注意しましょう。

分割払いであるため、毎月の支払い額はそこまで厳しいというものではありません。しかし何らかの事情があり、支払いが厳しいという場合は、法テラスへ連絡をするようにしましょう。そうしなければ返済の意志がないと判断されてしまいます。

放置だけはしないように気をつければ、裁判などの法的手続きをとることもありません。事情があり支払いが難しい場合は、きちんと事情を伝えることが大事です。

支払いが厳しい場合は相談を行う

支払いが厳しい場合は、事前に相談をするのが無難な判断だといえます。返済が難しくなったという話を、法テラスへ伝えるようにしましょう。そうすることで、法テラスが対応策を考えてくれます。

その1つとして、猶予や免除という制度があり、どうしようもできないような事情がある際にこの制度を受けることができるのです。猶予が認められれば、返済が可能となるまで法テラスは待ってくれます。仮に免除を受けられたのであれば、今後の支払いをせずに済むため大変楽になることでしょう。

相談しておくことで、猶予や免除のいずれかで対応してもらえる可能性があります。決して、放置することだけはしないようにしてください。

自己破産の費用についてはコチラも詳しいですよ!

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト