自己破産の手引き~手続きの流れから弁護士費用までを徹底解説!

HOME/ 法テラスなら費用など自己破産に関しての諸々に対応

法テラスなら費用など自己破産に関しての諸々に対応

相談する相手や費用がなくても法テラスなら大丈夫!

法テラスについて

法テラスは2006年に設立されました。刑事、民事を問わず国民のみんながどこでも法的なトラブルを解決できるようなサービスや、情報を提供するという理念のもと設立された公的な機関です。

各都道府県の県庁所在地に必ず1か所は地方事務所が設置されています。他にも、支部や法律事務所が各地に多数あるのでどの地域でも見つけることができるのです。

経済的に余裕がない人でも、民事法律扶助業務のおかげで、無料で法律相談をすることができます。また、費用の立替などもしてくれるので費用がなくても利用することができるのです。

手持ちの費用が少なくても自己破産手続きが可能

手持ちの費用が少なくても弁護士への相談は可能です。ちなみに、弁護士に法律相談をできる回数は3回までとなっていますので、それだけは覚えておきましょう。

あと費用立替制度というものがあり、この制度を利用することで手持ちに費用が少ない人でも弁護士をつけてもらうことができますが、収入や資産が一定の基準でない人は利用することができません。

もし、その利用基準を満たし利用することができれば、安心して受けられる素晴らしいサービスだといえます。

法テラスで自己破産を行なった際にかかる費用とは

一般的に自己破産をする際にかかる費用は、30万円~100万円程です。それに比べ、法テラスなら12万円~15万円程となっています。契約後は月に5000円程の支払いも必要になるということも頭においておきましょう。

一般的な自己破産と比べると格安となっているので利用を検討してみましょう。

自分で自己破産手続きを行うよりも法テラスを利用する

自己破産の手続きを法律の専門家に依頼すると、大体30万円の費用がかかります。

しかし、その費用も自分で自己破産手続きを行うことで依頼費は不要となり、無駄な出費を抑えることはできますが、デメリットが大きいためあまりおすすめはできません。

資料作成に時間を要する

専門性の高い法的な書類を自分で処理する必要があります。当然書類に不備がでることもあるため、20種類程ある必要書類を処理するのはかなりの時間と労力が必要となるでしょう。

債権者との交渉に時間を要する

債権者と自分で交渉をする必要があります。債権者が残金の一括返済を要求し訴えられた場合も自力で対処しなければならないためかなり苦労します。

少額管財が不可

少額管財は弁護士が代理人の時のみ行えるものです。この少額管財と通常管財は、約20万円以上の違いがあります。

法テラスを頼るのが無難

問題は早めに片付けることに越したことはありません。自分で問題をすべて解決しようとすれば、それだけ問題解決速度も遅くなります。

また専門性の高いものであるため、素人では苦戦することも多くあります。早めに問題を解決するためにも法テラスを頼り、スムーズに問題解決する道を検討してみましょう。

自己破産手続きで法テラスを利用する前に知っておきたいこと

法テラスを利用できるか条件を確認

自己破産手続きで便利な法テラスですが、利用するためには条件があります。

収入や資産はどのくらいあるのか、扶養家族はいるのか、どの地域に住んでいるのかなどによってその条件は異なります。具体的にはどんな条件があるのか、自分はその条件をクリアできるか、しっかり確認しておきましょう。

>> 法テラスを利用するための条件って?

審査で必要な書類を揃えよう

法テラスを利用するための条件を満たしたら、次は審査を行います。審査を受けるための必要書類を用意しましょう。

書類に不備があると、せっかく条件を満たしていても法テラスで自己破産手続きが行えなくなってしまいます。そうならないように、必要書類をよく確認し、丁寧にチェックして提出してください。

>> 法テラスの審査ではどんな書類が必要なの?

立替制度を利用すれば手持ちがない人でも自己破産手続きが可能

自己破産手続きをするためには費用が必要になります。しかし、自己破産手続きをする人の場合手持ちがないことも少なくありません。

法テラスには費用の立替制度があるため、手持ちがない人でも安心して利用することが可能です。

ここでは、立替制度を利用する場合の流れを紹介します。

>> 費用の立替制度はどんな流れで行うの?

自己破産手続きが終わった後の返済

法テラスの立替制度を利用した場合、自己破産手続き後には返済を行います。お金がない人を対象にした制度であるため利息がつかず、返済しやすいです。

しかし、それでもどうしても返済が厳しいということもあるでしょう。そんな時は、返済の催促を無視するのではなく、法テラスに相談してください。猶予や免除などの対策を考えてもらえます。

>> 法テラスへの返済はどうするの?

法律事務所での自己破産にかかる費用まとめ
自己破産に強いと評判の法律事務所厳選リスト